WAVEE+Beacon 低電圧通知機能とは

WAVEE+シリーズの電池駆動型のBluetooth ビーコンは、電池残量が少なくなり電圧が低下すると、アラート情報を含めたビーコン電波を発信する機能が備わっております。この機能を低電圧通知機能といいます。

なおUSB型ビーコンはAC電源で動作するため低電圧通知機能は備わっておりません。

低電圧通知機能 詳細

ビーコンの電池電圧が2.4V以下になるとビーコンデータに低電圧フラグを含めてビーコン電波を発信します。電圧が2.4V以下の状態が継続するとき、ビーコンデータには低電圧フラグの付与が継続的に発生します。

低電圧フラグのONはビーコンデータの2オクテットのMajor値の最上位ビットを0から1に変更します。低電圧アラート時においてもビーコンデータに含まれるUUID, Minorの値には変更ありません。

WAVEE+シリーズのビーコン電波を受信するシステム開発では、ビーコンの低電圧時にMajor値が変更になる点を考慮して設計するようにしてください。

例: Major 値 が3000 の場合

  10進数 2進数(※1)
電圧正常時 3000 0000 1011 1011 0000
低電圧時 35768 (※2) 1000 1011 1011 0000

(※1) ネットワークバイトオーダーでのビット表現
(※2) unsigned short での数値表現

低電圧機能を無効にする

ABF管理アプリを使用してビーコンの低電圧通知機能をOFFにすることができます。
ABF管理アプリからビーコンと接続し「notify BatteryLow」の設定をOFFにして下さい。

なおソーラーパワー型ビーコンの低電圧通知機能はABF管理アプリではOFFにできません。ソーラーパワー型ビーコンで低電圧機能を無効にしたいお客様はお問い合わせからお問い合わせください。

ABF管理アプリはApp Storeで公開されています。

AppStoreからABF管理アプリをダウンロードする

ABF管理アプリの使い方はこちらのマニュアルを参照してください。

低電圧通知機能に対応したWAVEE+ビーコン製品